GAME

【HOMEを表示(新ウィンドウ)】

製作したゲーム置き場。外部のアップローダーへのリンク(ゲームのタイトルをclick!)からダウンロードできます。
ゲームの内容説明はDLリンク先に丸投げして、ここでは振り返りや感想を綴っています。


タイトル ジャンル 動作環境 完成日
邪策の枷
リズム&パズルRPG Windows 2017/07/23
ponzu
【ゲームのダウンロードURL】
※リンク先はふりーむのサイトです。タイトルをclickすることでDLページに遷移できます。
【DLリンク】←clickで飛んでね

【ゲーム内SSと共に振り返ってみた】(2017/08/27)
【記事(※ネタバレ注意)】←clickで飛んでね

――――――――――――――――――――――――――――――
公開3日後の7月25日現在、ようやくほむぺの記事に手が回りました。
前年は泣く泣く断念した念願のウディコンでしたが、
今年はなんとか初日(結構出遅れた)にエントリーすることができたので、
夏の祭典ウディコンを盛り上げる一作品として貢献できればなーと思っております!

――――――――以下ネタバレ注意――――――――――――――

【ウディコン投票期間を終えて】2017/08/21
まずは、製作者とプレイヤーの皆様ウディコンお疲れ様でした!
(主催者様はお疲れ様です!頑張ってください!)
そして、プレイしてくださった方、投票してくださった方、コメントを下さった方、
BBSにご意見や改善案、バグの報告をして下さった方、誠にありがとうございました。
twitterにはウディコンと無関係なフォロワーさんしかいらっしゃらないので、この場を借りてお礼させて頂きます。
無名で初参加であったにも関わらず大勢の方に遊んで頂けたようで製作者冥利に尽きます。
ぶっちゃけ学校の文化祭の100倍くらい楽しいイベントなので、このまま長く続いていって欲しいですねー。


【投票(感想ありのみ)を振り返って】
順位や投票結果よりも感想を重視しているので、数値的な部分はそこまで気にしていないのですが、
ザッと見たところ一位を狙えそうな部門は一つあります。「遊びやすさ」です。
容赦なく2や3が並んだので、ワーストの自信がありますよー!!ラズベリー臭がしますよぉ〜……

【投票コメントを振り返って】
キャラの漫才会話がくどいかなぁ〜?と思いつつも、ふんだんに取り入れてしまったのですが、
意外にも好評っぽかったのが嬉しかったです。ただ、シナリオの構成と間延び感、急展開には
経験不足が露呈する部分が目立ち、コメントの反応を見ても反省の余地ありまくりといったところでした。
何らかの目標意識をもって改善させていく必要がありそうです。

後は、何といっても操作性ですね。シナリオは弁護してくれる対立意見も散見されましたが、
こちらは気持ちのいいくらい全会一致でディスって頂けました。
「利き手じゃなくてもタイピングでよくやる動きだし、
 普段からPCばっかり触ってるフリゲプレーヤー(失礼)なら大丈夫っしょ!」
という甘い見積もりによる設計段階からのミス。特にZとXがストレッサーでしたねぇ。
次回作では操作まわりの改善やキーコンフィグの実装にちゃんと時間を使ってく必要がありそうです。


それとぉ……ちょっとした愚痴なのですが、「小樽」というワードが出てこなかったのが少し残念でした。 観光スポットである蒸気時計や、小樽特有の街灯、運河、メルヘン交差点、青の洞"窟"。
また名物であるドゥーブルフロマージュを意識したケーキのデザインや、赤ワイン。
オルゴールが軸のBGM、ガラス細工のアクセ。
また、スノーバレル(樽)や、樽男くん、タワーウォールなどなど、
割と露骨にアピっていたのですが、やはりモデル化された舞台で現実を表現するのは難しかったようです。
或いは、あまり小樽が知られていなかった可能性もあります(前作のふりーむのDL傾向分析では北海道16.7%とダンチでTOPだったのですが……)
小樽に行ったことがないという方は是非行きましょう!
そしてルタオのドゥーブルフロマージュを食いましょう!
そんな暇はない!とおこな方は、通販でもまあまあ安価で取り寄せることができます。
東京在住の方なら副都心のデパ地下あたりでたまに並びます。食いましょう!
誕生日やクリスマスが近いちびっ子はママにおねだりしてみてね。



P.S 終章の例のシーンは土日を潰して遊び100%で作ってしまった産物で、
折角なので規約スレスレのラインを狙いつつ無理やりシナリオに絡ませて
ねじ込んじゃえ的な思考で採用したのですが、Hなのはいけないと思ってる系紳士の方々に
辛辣なコメントでお叱りを受けてしまいました。少々やんちゃが過ぎたようで深く反省しております。
なお、モな花の着物の柄に桜を採用したのはあのシーンをより一層熱くさせるためです。
今後はこのようなことがないよう充分に注意していきたいのですが、皆様は桜の花弁の位置と色に注意して
もう一度ご覧頂きたい。ピュアな少年の心を隠し持つ貴方ならきっと視(ミ)えるはずさ……!




タイトル ジャンル 動作環境 完成日
Angerium
パズルRPG Winfows 2017/01/07
ponzu
【ゲームのダウンロードURL】
※リンク先のタイトル(Angerium)をダブルクリックで、DLページへ行けます。
http://www.freem.ne.jp/win/game/13811

組み上げるタイプのパズルを軸に戦って進める2時間ほどのRPG。詳しいゲームの説明はリンク先に頑張って書いてあります。
同じこと書くのも芸がないなーって思っちゃったので、こっちは創作譚でも綴っていこうかと思います。

いっやぁー、疲れた。ほぼ1年掛かっているので、200時間くらいかかってるかもです。
と、言うのも、ウディタをまともに触ったことがなかったので、
手探りでエラー起こしまくりながら勉強して、色んな処理のノウハウを体得していっていました。

去年の3月あたりによっしゃ夏のウディコンでるぞー!なんてノリで手をつけましたが、
楽観視しすぎた見積もりによって色々破綻して結局出せませんでした。
今年こそは出たい!いや、出る……!と、言うことで、次回作に繋ぐ反省点をチラホラと振り返ります。


○なげぇ
冒頭からパズルのチュートリアルまで、通常プレイで5分。こーれーは長い。
コンシューマーの平均くらいあるかもです。フリゲでこれは飽きられちゃうのでNG
シナリオも2時間くらいあるだろって感じのボリュームで、思ったより長くなっちゃった。40〜50分に収めたいとこ。

○難易度設定
小さなお子様にも楽しんで頂けるように!をモットーに取り組んだこともあって、
ぶっちゃけ滅茶苦茶簡単に作っちゃいました。
数え切れないデバッグで上手くなりすぎた自分にはわざと死ぬことすら難しいレベル。
(というか、そのせいで適正難易度がよくわからなくなっちゃった説もある)

FR○Mゲーよろしく、もう少し"死"と隣り合わせのスリルを味わえる難易度に調整すべきだったかも。
とはいえ、難しすぎると投げられちゃうし……といったとこで、トレードオフな関係なのが辛み。
何かいい仕掛けが欲しいとこ。難易度を分けるってのは
あまり好きじゃないのが1割、手間が掛かるのが9割で微妙。

○画面サイズが小さい
今時320*240って。まあ、そのお陰でファイルサイズ17MBに収まってるんですが。
パズルが見づらいって程じゃないとは思いますが、絵の素材がチープに見えちゃうので、
次はもっとワイドにいきたい!800*600!できれば1280!(実装してくれ!)